海南市で小顔矯正を希望ならネット割引ありの山本鍼灸整骨院へ。お子様連れの方も歓迎いたします!

山本鍼灸整骨院


はり

まずは「はり」の定義について

「はり」とは一定の方式に従い、「はり」をもって身体表面の一定部位に、接触または穿刺、刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

いきなり難しい語句が並んでいるので理解しにくいですね(゜o゜)

簡単に言うと・・・

「はりを使って効果が期待できるツボにはりを刺すことで体の調子を整えて病気になる前に予防することを目的とした施術」という感じですね

当院にも多数、鍼を希望される方が来院されます。しかし、鍼の経験があっても鍼を見たことがない方がすごく多いです。というわけで鍼っていったいどんなものなのか?写真ですがご紹介したいと思います。

IMG_9035.JPGまずはこの写真をご覧ください。左側が鍼、右側がタバコです。まず皆さんの感想は「もっと長いものかと思っていました」と言われる方が多いですね(^_^)
韓流ドラマなどのテレビの影響でしょうか。マスコミの与える影響はすごいなと思うくらい皆さん口をそろえて言われます。









IMG_9049.JPGでは続いてこの写真をご覧ください。これは鍼管(しんかん)と言われる鍼をさす時に鍼を安定させる管を外した状態で正味の部分です。これが直接体に刺さっています。めちゃめちゃ細いです。直径はわずか0.2mmです。よく使われる表現として「髪の毛くらいの細さです」といわれますがまあ当たらずとも遠からずといった感じですね。でも皆さんのイメージは「注射針くらいあると思っていました」とよく言われます。かなり太いものだと思っているんですね。


IMG_65961.jpgそれでこれが実際体に刺さっている状態です。鍼を受けて頂いた方に鍼の感想を伺うと「イメージと全然違う」「全然痛くない」「表現しにくいけどなんかいい感じ」こういう感想をたくさんいただきます。「表現しにくいけどいい感じ」なのは鍼特有の「ひびき」という刺激で今までに体感したことのない感覚なので表現ができないのだと思います。これは実際体験して頂かないと分からないと思います。「はり」には様々な誤解や勘違いが結構あります。
当院で、初めて鍼を希望される方には必ず実際に鍼を見てもらっています。見てもらうことで安心でき、鍼に対するイメージや誤解や勘違いが解消されると思います。ぜひ一度「はり」の良さを体感してみて下さい!

山本鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒642-0015
和歌山県海南市且来25-3
アクセス:
亀川郵便局または二ツ池から車で1分 ウイロンマンション前
お問い合わせ・ご予約
073-483-4191
受付時間:
08:30~12:00
15:00~19:00
定休日:
水曜日午後、土曜日午後、
日曜日、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ